台風21号大被害 強風でもやってきた介護ヘルパーは「あり?なし?」

練習ブログ63.jpg

こんにちは、GONです。


過去最大クラスの勢力で
日本列島に9月4日に上陸した台風21号。
近畿地方を中心に高潮や暴風による
甚大な被害を各地にもたらしました。


衝撃だったのは、泉州沖に浮かぶ人工島で
空の玄関口・関西国際空港(大阪府)です。
滑走路やターミナル棟の一部が浸水!
タンカーが風で押し流され関空連絡橋に衝突!
利用客と従業員を含めて
約8,000人が孤立しました。


まるで、ハリウッド映画を見ているような、
前代未聞の異常事態になってしまいました。


大都会を麻痺させた台風21号の被害


気象庁は台風21号を過去最大級と予報していて、
厳重に注意するように呼び掛けていました。


JRをはじめ私鉄各社も、
早い目に終電を切り上げる
対策を取っていましたね。
学校、娯楽施設、公共施設も休校や休館を
早く告知して対応をしていたと思います。


私も仕事は休みになり、
台風上陸の日は食料を買い溜めて
自宅で避難していました。


午後から急に風が強くなり、
アルミサッシの窓が
バコバコと音立ててたわんでいます。
まるで、
大男に何度も体当たりされているように状態です。
外の音を聞くと、雨風に混じって
トタン板のベコベコという音も
聞こえてくるではありませんか!


このままだと強風で窓ガラスが割れるか、
トタン板が飛んでくると確信して、
そう本当に「確信」するほど「危険」を感じて、
雨戸のシャッターを降ろしたのです。


雨戸がない台所の窓ガラスには、
ガムテープを貼って
割れて飛び散らないように対策を打ちました。


家の中が暗くなったので電気をつけると、
何度も消えかけて、停電の直前まで行ったのです。


テレビを見ていると都心、住宅、空港の
被害映像が映し出され、レポーターは
危険をかえりみずに中継をしています。
でも、こんな台風の中でも、トラックや自動車が
走っているのに驚きましたね。


気象庁が避難勧告を出して、
交通機関も運休しているのに、
車は活動しているのです。
もちろん、娯楽で動いているのではなく、
仕事をしているのですね。


トラックがひっくり返っているだけでなく、
宅配バイクがひっくり返っている
映像も流れました。


こんな非常事態に、
営業している店に驚きですが、
宅配ピザを頼む人がいることにも
輪をかけて驚きましたね!


自宅で料理を作ろうとした、その時


自宅には後期高齢者がいるので、
食事を作ってもらうために、
介護ヘルパーさんに来てもらっています。


テレビを見ていると、
電話が鳴ってヘルパーの事業所から、
「今日は台風なのでヘルパーを休ませてもらう」
という連絡が入りました。


「どうぞどうぞ」と返事をして、
さて今晩はどんな料理を作ろうかと、
冷蔵庫を物色していました。
後期高齢者とアラフィフの私の味覚は違うので、
味付けなどとても難しいのですね。


すると、玄関の呼び鈴がなったのです。
「台風のなのに誰だ?」
と思ってインターフォンに出ると、
強風と大雨の中に立ち尽くすレインコート姿が
モニターに映っていたのです。


「ヘルパーです」


なんと、休むはずの介護ヘルパーさんが、
バイクに乗ってやってきたのでした。


台風のなか駆けつけた介護ヘルパー


「早く入ってください」というと、
「木が折れて飛んできています!」
というではありませんか。


外に出て見ると、前の公園の木が折れて
玄関前まで飛んできていたのです。
その木をどけて
ヘルパーさんに家に入ってもらいました。


「どうしたんですか?」


と聞くと、


「台風ですが、
   お食事を作らなければと思って…」


とヘルパーさん。


「いやいや、事業所から
   今日は休みだと電話がありましたよ」

「えっ…」


と絶句して、


「私には連絡がありませんでした」

「本当ですか!」

「どうしましょうか?」


というので、せっかく来てもらったので、
料理を作ってもらうことにしました。


正社員でもないのに、どうしてそこまで働くの?


台風の中、
バイクで駆けつける介護ヘルパーさんに、
テレビに映し出された
宅配ピザの姿がダブりました。


「過去最大の危険な台風なので、
   休んだ方が良かったですよ」
「どうして事業所に確認をしなかったのですか?」


と聞くと、ヘルパーさんは、


「お年寄りのお世話をする仕事なので、
   困るだろうなぁと思ってやってきました」


と調理をしながら答えるのです。


「ご自宅は大丈夫なんですか?」

「物干しや庭にあるものが散乱して、
   もう無茶苦茶です」


と笑いながら鍋に火をかけています。


「そんな!
   まず、自分のことをしてくださいよ!」
「一食くらい、こちらで作りますよ」
「バイクで事故って、
   万が一のことがあったら大変ですよ」


介護ヘルパーさんは調理をしながら、
ニコニコ顔で話を聞いています。


「正社員じゃないですよね?」


と聞くと、


「ええ、派遣です」


とヘルパーさん。


「バイトで怪我をしたら
 割りが合わないじゃないですか?」


と本音を突くと、


「でも、仕事は仕事ですからねぇ」


と言って、盛り付けを始めました。
そして、


「出来ましたよぉ」


と言って食卓に料理を運んでくれました。


私の不味い手作り料理より、
いつものヘルパーさんの
介護食のほうが口に合うらしく、
後期高齢者は喜んで食べていました。


料理の後、
ヘルパーさんは手際よく後片付けをして、
連絡帳にメニューと感想を記入して、
押印して仕事を終えました。
そして、台風の中、バイクで
帰って行ったのでした。


心優しい与える人が成功するには…


介護事業所の連絡ミスにも声を荒げて怒らずに、
台風のなか危険をかえりみず、
仕事場にやってきたヘルパーさん。
しかも、責任を問われないアルバイトなのに…。


組織心理学者のアダム・グラントが、
人間には3つのタイプがあるとしています。


○ ギバー
  (人に惜しみなく与える人)

○ テイカー
  (真っ先に自分の利益を優先させる人)

○ マッチャー
  (損得のバランスを考える人)


そして、「テイカー」と「マッチャー」が
中間層に多くて、所得が低い底辺に
「ギバー」がいると言っています。


しかし、
上部にいる高額所得者も「ギバー」だそうです。


では、下と上の「ギバー」は
何が違うのかということですね。


この介護ヘルパーさんは、
下の「ギバー」の典型ですね。
連絡ミスをした事業主(テイカー)に
利用されて搾取されています。


実は、下と上の「ギバー」は、
「セルフイメージ」が違うのですね。


顧客からの報酬、成功者からの好意を
素直に受け取るのが「上」のギバーです。
つまり、自分には「受け取る」だけの
「資格がある」というセルフイメージなのです。


「下」のギバーは、
「自分はまだまだ」で「資格がない」という
セルフイメージといことになります。


台風という異常事態に遭遇したからこそ、
日ごろ見えなかったことを意識できました。


あなたも、日ごろから、
「上」の「ギバー」を目指して
行きたいと思いませんか?


じゃあ、どうすれば目指すことが出来るのか…?
次の機会のお教えしますので、お楽しみに!


あわせて読みたいおススメ記事

お金を引き寄せるマインドセット…お金は無くならない!】
稼ごうとする人は稼げない!? 潜在意識がお金を拒否

【演劇界の巨人/元部下から見たマインドセットを公開】
劇団四季 浅利慶太氏から学んだこと

即実践!出来るビジネスマンはここが違う】
付加価値をタダで生む「会話術」を上司から学ぼう!

【大河ドラマに隠された英雄の真実とは?】
西郷隆盛には死の匂いが…こんな身内は持ちたくない!


★コミュニケーション・人間関係・恋愛などで
悩んでいることはありませんか?

★人間関係をマスターしたGONが、
あなたの人生が少しでも
楽になる方法をご紹介します!

★理想の恋人はどうしたら見つかるの?
嫌いな自分の性格を治す方法は?
家族関係を修復するにはどうすれば?
自分にあった仕事はなんだろうか?
楽に生きるためのマインドセットの作り方は?
人生の目的がわからなくなってきた?
…などなどについて、具体的にお知らせ
いただけるとアドバイスを考えやすいです。

★いただいたご質問は、ブログ記事もしくは
個別に回答させていただききます。

★記事掲載の際は個人が特定できないように
配慮させていただきますので、
安心してご相談ください!

お問い合わせ方法
メールでのお問い合わせ
 件名に「ブログを読みました」と入れて、
 本文に書いて送ってください。
 gonlove2018@gmail.com
お問い合わせフォームこちらをクリック♪
コメント欄に書く
 この記事の一番下 [コメントを書く]
 クリックしてください。 

GONがあなたの悩みをズバリ解決します!

あなたのご連絡をお待ちしております。



この記事へのコメント